So-net無料ブログ作成
検索選択
わが身の不幸 ブログトップ

完売御礼 [わが身の不幸]

2014年8月15日

8/11の負傷のお蔭で、われは左足小指の傷を以て、折角の盆休に活動する能わず、上野に詣でたるはようやく盆休3日目の本日、痛みをおしての事であった。 というのも、本来なれば8/11(月)日中に購入のハズであった「限定アサンテタオル」の購入の、未だ果たせざるがゆえである。しかしながら四日も経つというに、一向に痛みは引かず、内出血を示す面積も広がる一方であった。これは見るだに怖ろしいのであるが、実際は小指の内出血が足の甲へと下がって(上がってか?)来たるのみであって、実のところは数日で消えると思われたり。が、何というても痛みである。靴履く能わず。仕方無きゆえ、拙宅庭や地元町内徘徊用のサンダルを履きて(先に進むにつれ広がっておるゆえ、小指を比較的圧迫せぬ)、変な歩き方をしつつヒコヒコと進まざるを得なんだ。それゆえ、当初予定では朝一番で入園を果たすハズのところ、池之端門に辿り着いたるは、早めに出発したにも拘わらず既に10時近くのことであった。歩く速度の余りにも遅し。平素の倍はかかっておる。げに忌々しき事である。
 

続きを読む


コメント(0) 

茹でたシャウエッセン [わが身の不幸]

2014年8月11日

早朝の事であった。

われは拙宅庭にて、鉢合わせせし2名の猫を、交通整理しておった。1名(黒猫。通称くろすけ)を左手塀からの左方面への移動、もう1名(黒白猫。通称はらしろ)は右手通路より右方面への移動との目論見にて距離を詰めておった。2名は順調に各々が進行方向を進んでおるも、突如くろすけの右90度旋回に及び、われは大慌てにて右足を大きく進め進路を制す。くろすけは無事再度左90度に旋回し左手塀に飛び乗りしが、そこにおったのが、拙宅駐車場所より隣家を迂回して拙宅庭に至らむとしておった新たなる1名(茶トラ猫。通称れっく)であった。れっくは拙宅庭常連最古参ゆえ、われは常々その動向を最優先とす。今回、れっくとしては、左塀より裏側隣家の2階ベランダ下にて暑くなる迄のひと時をのんびり過ごそうとの意図のありしが、なにしろその迂回は早過ぎたり。つい先程まで駐車場所におったれっくの、これ程早く迂回を果たすの予想外であって、われはまたも大慌てする。れっくも大慌てで大ジャンプの末、からくも隣家ひさしを伝いて裏側隣家前の道に逃れ(ベランダ下に飛び上がりし場合、くろすけの追尾を受けるリスクのあるゆえ。瞬時のこの判断は驚嘆に値する)、くろすけもそのまま左塀上を無事遠ざかって行く。
 

続きを読む


コメント(0) 

挟む [わが身の不幸]

2008年8月19日

帰宅して程なく、クローゼットのドアに右手指を挟む。激痛でありたるゆえふと見れば、血のぶわわわと盛り上がりし。ぎょえええと叫び、患部を洗浄せんと洗面所に駆け込むが、血がカランにぼたぼたとしたたるゆえ、とにかく止血を優先とし、居間に行きて輪ゴムを入手、問題の右手中指の第一関節直下にキリリと巻き、インディアンの挨拶状態にて暫し待つが、段々輪ゴム締め付けの痛みの方が大きくなり来たるがゆえ、遂にゴムを切り、血の一旦収まりしところでコロスキンをたらすと非常に激痛であって、「ぐわあああああおおおおおぉぉぉぉぉ」と悶絶する。

.....確か2年前にもずっぱりと指先の皮を削ぎ落とし、同様の仕儀と相成ったのであった。
わが辞書に学習の二字無し。(汗)


 

早月末也 [わが身の不幸]

6月末である。

というのにようやっと5月分のupを終了したという体たらくである。
5/08・09・15・16・18・28の6本を一週間でupするとは、われながら力業である。
しかしまだ6月分は手つかずなのだ。今週の内に、是が非でもupdateを終えぬと、名古屋が始まってしまう。
しかし6月分は、8本もあるのだ。われのわれによるわれのためのblogであるから、全てはわれ自身に帰するのであり、愚痴を言うても始まらぬのではあるが、うぬう......
 

※追記: 6月分は7月末にupを完了した。

我欲時間的余裕 [わが身の不幸]

ようやっと4月のupdateを終えた。

4/12「のどけき郊外型」と4/22「再デビュー」がそれである。いずれも後日に変化等を記載する必要のありしが(ちなみにSchuschは僅か3週間にして再び裏庭禁足に戻る)、その他にも5月のup分がまだ6件もあり、おまけに6月は全くupせぬ内に早給料日前日を迎え、非常にまずい。このまま行くと、updateを終えぬ内に名古屋場所に突入してしまうこととなり、アブラ汗たらたらの毎日である。激忙のこととて、僅かに残されし時間を上野参りに費やすは、まこと己が首を絞めたる行為にて、時間無きを恨むは天に向かいて唾するに等しい。

た、誰ぞわれに時間をくれ......


※追記: 5月分は7月にupを終えた。
 
 

年末年始不休暇 [わが身の不幸]

早や仕事初めである。

昨年12月はひでえものであった。12/01早々わがPCがお亡くなりになり、DELLに注文の際、うっかりノートPCまで購入してしまう。しかし12月は激忙であるところから、届きしPCは開梱もままならず、仕事納めまで全ては放置状態であった。

続きを読む


うぐぐぐぐ...... [わが身の不幸]

胃炎である。昨年12月より、23:30頃より痛み始めるという具合であった。周囲より、とっとと医者に行けと言われておったものが、先週ようやく実行という運びとなる。わが元来のかかりつけ医は、自宅の斜め向かいなのであって非常に利便性に富んでおったものが、大学病院にも勤務しておった関係で、近年大病院の院長となってしまい、従って自宅での開業医としての職務は、ほぼ不定期と相成ったところから、駅前の開業医にかかりつけを変更した。元来のかかりつけ医も、先代より続き「医は仁術」の典型のような良き医師であるが、この変更かかりつけ医も又、図を描いての詳細な解説、的確な指示、思わず噴き出す楽しき話術の、良き医師である。という訳で、後者の診断により、わが胃痛は、「典型的」胃炎によるものと判明した。原因は「ストレスと過労」というものであるが、これは本人たるわが身には分かり切ったことであり、同時に現状では軽減・解消不能のものであるから、せいぜい薬をきっちり服用し、状況の好転(3億当たりでもせぬ限りムリ)を待つ他なきものである。胃炎だけでも不快である上に、春場所ではわが朝青龍が賜杯を逃し、友人Eの妻のレストランは焼ける、その為に準備したEの支援ギグは現地の悪天候により4/1に延期される、おまけにわがPCは、近頃立ち上げの際、25%の確率でガガガガという音を発する。こやつは元同僚の作であるが、7年間の酷使に耐えてよく働いて来た。OSはwin2000 Professionalである。わが身はOS8まではMacユーザであったが、他者や仕事の絡みで互換性の問題が生じ、泣く泣くwindowsユーザに転向した者である。windowsは以来どこの勤務先でも使わざるを得ぬ訳だが、2000はネットワーク設定は面倒であり立ち上がりに時間を要するが、windowsの他のOSに比べれば、かなり許せた。しかし現在の勤務先にて使用しておるXPは、早くはあるがかなりキライである。何と言っても、「余計なお世話」が多過ぎる。ここで問題なのが、前述のガガガガという音である。7年も使っておる故に、ガタが来るのは予想の範囲内ではある。ではあるのだが、今買い換えるとなると、OSはこのXP、悪くすると最新のVISTAになってしまうのである。VISTAは試したこともなく、ニュース等にての見聞のみの情報となるが、これがどうもXPの上を行く「余計なお世話」であると見た。PCでゲーム等はせぬ身ゆえ(そんな時間はない)、CG3Dの動作環境を飛躍的に良くされたところで、OSが重くなるだけでわが用途に益はない。だいたいXPからして、ユーザが自分にとって必要なものだけ自分で入れればいいものを、変に色々詰め込んであるが故、こちらが入れるソフトとバッティングし、折り合いをつけるのに色々設定せねばならず、ともかく迷惑なこと甚だしいのである。いい加減、用途別にOSを分けたらどうか。ああwindowsはキライだ。というより、はっきり言ってMicrosoftがキライなのだ。ううう、不快なる春である.....


遠隔地 [わが身の不幸]

わが知合Eの妻の経営せしレストランのひとつが、先頃火事にあった。かの地では有名な菜食レストランである。幸い未明の出火であり、死人怪我人はおらなんだ。現在は火災保険等の関係でばたばたしておるらしい。レストランの経営にはEは全く関係しておらぬ(妻は結婚前から経営していた)のだが、如何せん妻の店のひとつであり、自ら菜食にてその店には以前より散々お世話になって来たEは、急遽再建資金と従業員支援金集めのギグを行なうことにした。Eはミュージシャンである。かの地では、こういった義援金ギグはほいほい行なわれ、Eは数年前も、親しきエンジニア/プロデューサの糖尿病の闘病資金支援ギグを行なった。また、癌の子供のためのチャリティギグというものも時々行なっており、成程手に職のある者は、こうした際は実に役立つものだと感心する。しかし入場料は、US$20.00なのだ。クラブギグであるから、まあ多くとも500人は行くまい。単純計算すると、500人入ったところでUS$10,000.00、かの地における生活感覚的には、US$1.00=JPY100.-というところであるから(為替レートなどというものは、あれは商売上のものであって、実生活の感覚とは当然異なる)、500人入って100万円ということになる。Eのことであるから、多分経費は差し引かず自分で持つであろうが、100万という金は、こういう時にはかなり微妙な額である。店はとりあえずケイタリングと路上販売で再開しようかという話があるが、現時点では、具体的には未定である。こういう話にはアタマが痛い。なにしろ遠隔地であるから、ほいほい火事見舞いという訳にも行かず、送金する程の金はない。仮に1万2万送ったところで大した役には立たず、却って気を遣わせるのがオチである。まあしかし、建物も全焼ではないし、米国南部であるから、再建に必要な金は、日本人の感覚で考えるよりは安く済むかも知れぬが.....E夫妻においては、災難なことである。一日も早き復興を祈念する。


削って詰める [わが身の不幸]

8月末日である。

年に2度のメンテナンスを行なうため、先日歯科医に行った。30年以上前に治療した右上奥歯の金属製詰め物がゆるんでいるのが発見され、歯科医が「ここがゆるんでいますね.....」とピッカーでつくつくつついている内に、ポロリと落ちた。その下は変色しているので、どうもしばらく前よりゆるんで虫歯化していたらしい。道理で最近物を噛む調子が良くなかったはずである。おまけに右下のセメント詰めも、ダメになっているらしい。ということで、2箇所の治療を行なうこととなり、まず本日は、右上を削りに行った。虫歯の治療は、30年以上ぶりである。本日削って来週詰めて右上を終了、同時に右下の削りを行なうこととなる。
30年前に比べ、歯科医の治療は著しく早い。古い歯科医は、毎日ちょこっとやっては「はいそれじゃまた明日」と言い、患者にかなりの時間を費やさせた。予約制も建前先行で、予約時間に赴いたのち待合室で更に30分以上待たされることもざらであった。聞いた話では、歯科医はその時行なった治療について都度保険点数がつくため、ちんたら何度もやった方がカネになるということであった。米国などの場合、疾患に対する治療の総体(例えば虫歯だと「削って詰める」)に対し保険点数がつくそうで、そうなると逆に治療回数が少ない方が儲かることとなり、その方式の国では、治療は大変早いと聞いた。つまり同じ2週間かかるにしても、日本の患者はその間5-10回通わねばならぬのに対し、それらの国の患者は2回通えば済むという訳である。つまりこれは、日本の行政が納税者ではなく政治献金者に厚い、という典型である。メンテナンスは10年前より行なっているが、当初は幼稚園時代からかかっていた歯科医に通ったため、相変わらずのちんたらぶりであった(なにしろ歯科医は最早70代のじいさんである)。数年耐えた後、馬鹿らしくなって他の歯科医にかかることにする。5~6年のドクターショッピングの後、現在の歯科医に落ち着いたが、これが早い。予約時間に赴くと、5分以内に治療が開始され、一度にやれるだけのことをやってしまう。おまけに鏡を使って患者本人に患部を見せながら、現状と治療方針、今後の予定の説明を行なう。見上げたものである。日本の保険点数の制度が変わったのであろうか。そうであろうとなかろうと、早く済ませることは、実は歯科医にとってもメリットが大きい。一回に同じ時間を患者に費やすとすれば、同一患者に軽い治療を長々とやるよりも高度な治療をやって頭数をこなした方が総合的には点数が多いし、時間通りに行なえば、地代の高いこの東京で、待合室に広いスペースを割く必要がない。また、レントゲン写真も含め、記録はPCを駆使し、機器も当然新型である。現在かかっている歯科医は多分30代と思われるが、若い世代はさすがに合理性をわきまえている。お互い時間は有効に使うべきである。


蒸し焼き地獄 [わが身の不幸]

お盆休み明けである。
わが勤務先は、8/14-15が休みであった。勤続一ヶ月で有給休暇のつかざる身なれば、会社の夏季休業は大変にありがたきことである。しかしながら、ゆっくり休んだかといえば、全く逆であった。わが身は東京生まれであり、現在も実家に居住している故、帰省が理由ではない。
金曜の晩、「おおこれより夏季休暇だ」と楽しく帰宅してわずか一時間後、居間のクーラーがプシッという音と共に突如停止する。わが自宅は十数年前に建て直し、当時最新であった東京ガスのTESというシステムが導入された。これは温水、暖房等をボタンひとつで制御するというもので、エアコンも、冷房は電気だが暖房はガスで行なうという、当時としては画期的システムであった。ビルトインであるから、そのまま使い続けて来た訳だが、昨年夏のある日、クーラーがプシッという音と共に突如停止する。しばらくして起動すると、風は出るのだが、ただの風であって、室温は一向に下がらないという状態が現出した。整備会社に連絡するも、今となっては古い機種である上、東京ガスがTESをディスコンにしたため、部品があるかどうかわからぬと言う。担当者が一週間かかってようやく部品を調達、二度の修理の後、ようやく冷風が出るようになったという経緯がある。しかしその僅か一年後、全く同様の症状を呈してクーラーはただの風出し機と化してしまったのである。このくそ暑いのにだ。最早午後9時であって、地元の電器屋はお盆の絡みもあり早々に閉じている。仕方ないので、とりあえず扇風機を入手することにして、キャリアを手にバスで新宿に出た。ヨドバシカメラに行ったのだが、機能的に全く問題のない扇風機が何と1,980円であった。目立つ違いといえば、スイッチ等がタッチパネルでなくボタンだということぐらいである。うひょひょ状態でこれを購入、キャリアにくくりつけ、バスで自宅にとって返し、その晩は何とか凌いだ。翌土曜日は大雨も降り、気温はすこぶる低かったので、窓全開と扇風機で十分であったが、日曜日は地獄であった。実は土曜に、TESのエアコンは撤去することにして、懇意にしている地元の電器屋に新しいエアコンを注文に行き、前晩の惨劇を話したところ、「電話くれればすぐ貸してあげたのに」と言って冷風機なるものを貸し出してくれたのだが、ありがたくお借りしたものの、使ってみるとこれは余り涼しくない代物であった。確かに冷風は出る。しかし当の機械(キャスタ付きの立方体)の前30cm以内に居ないと、風自体届かないのだ。除湿能力はなかなか優れており、中のタンクにはすごい勢いで水がたまるのだが、稼働中は、熱放出のため背面から実に暖かい風が吹き出ているので、室温はむしろ上がる。故に、電器屋には申し訳ないが、土曜の晩に使ったきり放置となった。幸いにも家族個人の部屋のエアコンはそれぞれ無事であったので、就寝中は涼しく過ごせたのだが、居間には一番大きなTVとAV機器が揃っており、CSもケーブルTVもそのTVに接続されているため、居間が暑いのは大打撃であった。日月は、家にいてもどうせ暑いというので家族で外出したが、夕刻帰宅してから就寝まで、蒸し焼きになり体力を奪われた為、月曜には遂に、各個人の部屋のクーラーを全開にして余計なドアは全部閉め、冷気を居間に導入するという仕儀に及んだ。居間と各個人の部屋は離れており、導入路は細長い廊下だけなので、冷気を運ぶには徹底的な冷やし方が必要になる。故に居間がかろうじて涼しくなる頃には、各個人の部屋は18℃程となり、自分の部屋でPCに向かうことは寒過ぎて不可能となった。就寝時には、部屋もベッドも冷え冷えなので、長袖を着てタオルを首に巻き震えながら床に就くという体たらくだ。お蔭で風邪をひいた。
新しいエアコンは、メーカーがお盆休みだったため、昨日ようやく取り付けられたが、最新の機種であるため、機能が多過ぎ、何が何やらさっぱりわからぬ。たかがエアコンを使うのに、しばらくは取扱説明書と首っ引きとなろうとは、さても忌々しき話である。


わが身の不幸 ブログトップ