So-net無料ブログ作成
検索選択
ハシビロコウ他動物 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

謝意 [ハシビロコウ他動物]

2014年4月1日

全く以て更新の滞るを通り越し、最早放置状態のこのblogである......。

4月となりて、本日付で都立動物園の大幅なる人事異動のあり。記録の為、とり急ぎ記す。
まずは何と言うてもわが者共の担当飼育員氏である。めでたく定年を迎え、本日より東園勤務である。勤務先は、わが朝青龍も相談に訪れたる、案内所2階の動物相談室である。ゆえに動物相談のある向きにとりては頼もしきものである。ちなみに氏の後任であるが、これは氏のお墨付きのベテラン(の域に入るであろう)の、氏の引きで多摩より異動し、無事者共が担当となりし。飼育員嬢は引き続き、更に走禽舎を担当しておったベテラン氏もこちらに加わり、者共・フラミンゴ・アフリカアパートはとりあえず安泰とみて良かろう。
 ☆あまりに長く放置しをりしゆえ、念の為記すが、「者共」とはハシビロコウを指す。

飼育員氏には、大変に世話になった。者共はもとより、フラミンゴ、アフリカアパートの住民、更に他の動物についても、示唆に富むご教示を多々賜わった。感謝に堪えぬものである。ご当人には申し上げたが、再度この場で御礼申し上げるものである。




コメント(0) 

【訃報】オオアリクイ(豪亜南米雑居アパートの危機その22)  [ハシビロコウ他動物]

2013年7月19日

コウ女については近々続きを記すとして、先週より別件に忙殺されたるわれは上野に通えなんだのであるが、本日ほぼ二週間振りに出向いてみれば、

ガンコが亡くなっておった!

豪亜南米雑居アパートにおける死者は、遂に3名となった。
 
 

続きを読む


コメント(10) 

【Death Trapその2】ナマケモノ哀れ その3(豪亜南米雑居アパートの危機その21)  [ハシビロコウ他動物]

ポリカーボネイト穴と同一の高度に達したるコウ、天井より穴に向かわんとし、ルートの完全に途絶したるを知る。コウ女はそのまま天井を反対側へと向かう。他のルートを確認する事にしたと思わるる。

0509S27.jpg
0509S28.jpg
0509S29.JPG
 
 

続きを読む


コメント(0) 

【Death Trapその1】ナマケモノ哀れ その2(豪亜南米雑居アパートの危機その20)  [ハシビロコウ他動物]

さて、こうして遂に2ヶ月半振りに放飼場に登場したるコウ女であったが、当然ながら既に放飼場はコウ女の勝手知ったる状況とは最早完全に異なる、危険極まり無き別世界である。かねて指摘したる通り、添え枝木なきロープ単体に、しかと爪をかけ、コウ女の進む。われは一部始終を動画撮影したが、巨大容量ゆえ、以下、動画より抽出したる写真を掲げる。

0509S14.jpg



続きを読む


コメント(0) 

ナマケモノ哀れ その1(豪亜南米雑居アパートの危機その19)  [ハシビロコウ他動物]

ツチブタ舎のとりあえず扉の開きたるも、問題は尚山積しておる。

5/09、ツチブタの就眠に相前後し、ホフマンナマケモノのコウ女の、活動を開始す。当初は上部の専用暖房横に取り付いておったコウ女であるが、

0509S01.JPG
☆暖房横にて休む

扉の開きしを知り、夕刻となりて外出を決意する。

0509S2.JPG
☆試み
 
 

続きを読む


コメント(2) 

【天岩戸】ツチブタ哀れ その17(豪亜南米雑居アパートの危機その18) [ハシビロコウ他動物]

明けて5/09である。

この日遂に動物出入口の扉の開かれたり。

050901.JPG
☆遠景

050909.JPG
☆開かれたる出入口
 
 

続きを読む


コメント(0) 

【連休明け】ツチブタ哀れ その16(豪亜南米雑居アパートの危機その17) [ハシビロコウ他動物]

5/07の上野は休園であった。平生は月曜を休園としておる上野であるが、此度の如く月曜の祝日等のありし場合、月曜は開け、翌火曜を休園とするが常である。が、近頃は斯様なる場合ならずとも月曜開園としておる場合も結構ありて、開園カレンダー等でのチェックは欠かせぬ。

明けて翌5/08の様子である。
木柱より、動物出入口及びコウ女トイレ方向に、日本の麻ロープの付けられたり。


050801.JPG
☆動物出入口方向

050802.JPG
☆コウ女トイレ方向

050805.JPG
☆コウ女トイレ方向を別角度より
 
 

続きを読む


コメント(0) 

【連休の動き6】ツチブタ哀れ その15(豪亜南米雑居アパートの危機その16) [ハシビロコウ他動物]

ようやく、5/06の様子である。

050603.JPG
☆新たなる構造物


客側より見て右奥に、新たなる構造物のあり。察するに、コウ女がトイレであろう。以前は現在担当者が出入りに使用しておるせいで使えぬ場所に、トイレとして木のしつらえられておったものであるが、その場所は出入り用にしてしまったのであろう。放飼場の運動面の一角に飛び出す恰好となり、ツチブタには危険且つ邪魔と思われるのであるが、現担当者には、恐らく出入りの方が重要なのであろう。

050605.JPG
☆多分トイレ
 
 


続きを読む


コメント(0) 

【連休の動き5】ツチブタ哀れ その14(豪亜南米雑居アパートの危機その15) [ハシビロコウ他動物]

前置抜きに、5/05の様子である。
放飼場には変化無し。横渡しをまじまじと見れば、早くもひびの入りたる。

050501.JPG
☆ひび


またも怖ろしくなるわれであった。 
 


続きを読む


コメント(0) 

【連休の動き4】ツチブタ哀れ その13(豪亜南米雑居アパートの危機その14) [ハシビロコウ他動物]

われはうっかりしておったのであるが、翌5/04は上野は無料であった。5/03もえれえ人出であったのだが、5/04に至りては、もう勘弁してくれの混雑であった。

その5/04の様子である。

050401.JPG
☆変化無し


この日は余りの混み様であって、ヒトを全く入れずに撮影する能わず。眼前にて「どうしていないのかしらねえ」とコドモと延々と話す母御の、ふと屈みたる隙にようやく撮影に及ぶ。
 
 

続きを読む


コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 ハシビロコウ他動物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。