So-net無料ブログ作成
検索選択

Empress、ベルギーに宮廷を移す [ハシビロコウ他動物]

2015年8月12日

わがEmpressターノについての新たなる知らせである。
ここでわが者共の記事を上げなくなりて随分になりて、「者共」や「Empress」が誰を指す語であるか分からぬ向きも多かろうゆえ、念の為説明すると、「者共」は上野ハシビロコウの郎党、Empressは上野より欧州に移りしハシビロコウ女、わがターノを指す。

突然であるが、欧州スイスのチューリヒ動物園(Zoo Zurich、uにウムラウト)では、現在オーストラリアゾーンとアフリカゾーンを大規模に変えるため大掛かりな工事が進んでおるという。先日NHK BSプレミアムにてチューリヒ動物園の特集番組があったが、アフリカの動物が一向に出て来なんだ(わがイチ押しヒガシクロサイの仔が昨年末に生まれておるのだが、ちらとしか映らなんだ)のは、その工事のせいであったらしい。
さて、2008年にベルギーはパイリ・ダイーザ(Pairi Daiza、以下PD。当時はParc Paradisioといった)にて飼育下初繁殖のハシビロコウとして生まれし兄妹アブーとマルクーブが、翌年揃ってチューリヒに異動した事は過去記事にて述べた。ところが今年2月、兄妹は揃ってPDに帰還していたのであった。われは不覚にもつい最近それを知ったのであるが、前述の工事が異動理由のひとつであろう。更に、兄妹それぞれにペアリングの相手が必要であり、古巣PDは、兄妹の父亡き後、兄妹の母である未亡人(ヒトではないが)ともう一羽の男が番わず(男の方が未亡人の誘いに応じず、一向に興味を示さぬという)、また、未亡人は兄妹の母であるから、兄と番わせる訳にもいかず、いっそのこと色々試してみましょうという結論に達したるらしく、ドイツはヴッパータール(Zoo Wuppertal)にもお声のかかりたり。劃してヴッパータールの男女もPDに送られ、現在3園のハシビロコウがPDに結集しているのであった。つまり、である。ヴッパータールに宮廷を開いておりしわがEmpressターノも、現在PDに居る、訳なのである。
われが把握している時点でのメンバーは、
PD 1.1(男と兄妹の母)
ZZ 1.1(PD生まれの兄妹)
ZW 1.1(男とわがターノ)
なはずで(これも既に古いやも知れぬが)、一応兄妹以外総当たりで試す事が可能な訳である。ご存知の向きも多かろうが、PDは初の飼育下繁殖を成し遂げたる園にて、繁殖に向け徹底的に整えた環境を持つ。となれば、わがEmpressの、母となる事も、充分にあり得る話ではないか!
ペアリングの成立したる場合(全員ペアリング成立なんてうまい話は、さすがになかろうが)、3園にどの組み合わせが戻されるのかはまだまだ未定であろうが、チューリヒのアフリカゾーン完成まではまだ時間のかかろうし、事が繁殖であるから、PDは恐らくじっくりと取り組むであろう。面白き事になってきたものである。

という事で、わがEmpressターノは、宮廷を暫定的にPDに移した。現在の名前は、暫定的にTano Maria von Ueno, Wuppertal und Pairi Daizaとしておくとする。



コメント(2) 

コメント 2

mick

酷暑続きの中、更新ありがたき幸せ。
とりあえず今後の繁殖を夢見てかの地の
ハシビロコウたちの健康と、心地良き環境での日々を祈念して過ごしますです。

お忙しいでしょうがくれぐれもご自愛くださいな。
ニャン太殿によろしく(ん?何?)お伝え願いたしにゃん♪
by mick (2015-08-13 08:45) 

そる

mickさん、そういう訳で、まさかここでターノが絡んで来るとは予想外でした。むしろ情報が得やすくなるので、わしとしてはすげーうれしいです。やっぱきちんと情報収集しとかんとダメですね。尋ねて頂いて却って良かったっす。ありがとござます。

ニャン太はでぶになって(6.4キロだぜ)、でろでろして元気に過ごしています。mickさんご一家も、ご自愛下さい。
by そる (2015-08-13 14:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。