So-net無料ブログ作成
検索選択

弔い [ハシビロコウ他動物]

2015年1月9日

上野に行った。

実は昨日も、上野に行った。コハル急逝の報を受け、とるものもとりあえず(にしては発表翌日だが)、駆けつけてみたのである。勿論コハルは既におらぬのだが、キリン舎前には立派なるテントの下に献花台が設えられ、花束やリンゴ、ミカンなどが供えられており、黒縁の写真が掲げられておった。写真をしげしげと見入る。コハルは元気でここに居るのを当然と思うておったわれは、正しく愚か者であった。一方のヒナタは、見た目には比較的落ち着いておるが、時折「ねーちゃんどこ?」的見回しを行なうがゆえ、心痛きものがあった。外回り途中ゆえ、翌日改めて献花する事とし、早々に辞去したのが昨日である。外回りを終え、帰社の途上、職場の近所の花屋に寄りて、花束を頼む。用途を聞かれ、「上野のキリンが亡くなったので」と言うと、花屋さん「えっ!」聞けば5歳の息子氏が上野キリンの大ファンだそうで、「いい花束にしますよ」と言うてくれる。翌日はまず昼休みに献花に行くつもりであって、1/09の11:30-12:00の間に引取りの約束をしたり。
 
さて翌日即ち本日となりて、朝ふと動物園仲間のmick氏の頭に浮かび、出勤途上に花束の追加を申し込む。わが花束は、キリンなので黄色(花屋曰く)を入れ、さし色としてピンクのチューリップ他色々で、大きな花束にしてもろうている(予定)だが、もうひとつは、コハルらしく春っぽい可愛らしい花束をと思い、ピンクを中心に女の子っぽい花束として注文した。
昼となりて、花屋へ行くと、この金額では申し訳ない程の素晴らしい花束2点が出来ており、実に感謝に堪えぬ。良き花屋に作ってもらえてよかった。これもコハルの仁徳というものであろう(われではない)。
何しろ花束がでかきゆえ、タクシーにて上野に着け、早速献花台に向かう。が、献花台は、撤去されておった。というのも本日は強風にて、テントは危険ゆえ、写真のみそのまま、花は池之端門で預かるとの事であった。

ThanksKoharu.jpg
☆コハル遺影


美しきコハルを美しき花束で飾ってやりたかったのであるが、強風では仕方無し。花束を預け、われは写真に戻り、またもしげしげと見入る。新年の挨拶もせずに逝かれてしもうたるは、実に痛恨である。これ程早く逝くとは思いもせなんだのである。改めて手を合わせたるのち、他の者も心配となり、西園の馴染みに一通り挨拶して回る。一応、とりあえず、今のところは、皆無事のようである。ミリーは足を傷めておるのであるが、これが又原因不明との事で、左足の腫れの引かず、心配ではある。

改めて、感謝と共に、コハルを悼む。ヒナタには、一日も早う新たなる仲間を与えられたい。ヒナタの、生まれてこの方一度も独り暮らしをしたる事の無き者ゆえ。多摩には年頃も合う個体のおれば、遠からず、と祈る。
 

コハルは、本当に美女であった。
日本一の美女キリンであった。 
コハルありがとう。大好きだったぞ。
 
 


コメント(2) 

コメント 2

mick

そるさん、心より御礼申し上げます。献花、まことにありがたい。
お宅のヒトと化したここ数年、ネットのみでの上野詣ででしたので
コハルの訃報は心底堪えました(涙)
かつてより知遇を得ていた愛らしき者たちの次々の訃報にびくびくものでした。。。辛い事が多過ぎます。

コハルちゃん、ありがとう。安らかに。
by mick (2015-01-14 05:56) 

しゅーびる そる

mickさん、ホントにそうです。わしは第一報をtwitterで知り、文字通り絶句したですもん。やっと出て来た言葉は「なぜ!」今もそう思ってます。
コハルちゃんは天上でフミさんとのんびりしているのだと思えば、少しは気が紛れるです。今、上野はダメな方に相当傾斜して来ているから、残されたヒナタも可哀想なので、心で応援してやって下さい。
by しゅーびる そる (2015-01-14 11:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。