So-net無料ブログ作成

【訃報】ホフマンナマケモノ [ハシビロコウ他動物]

2014年4月15日

コウ女の逝きし。

コウは上野動物園のホフマンナマケモノである。と、今更書くまでもなく、此処で散々住環境悪化を取り上げたる対象である。やうやう暖かくなりて、この無理解なる放飼場にても何とか陽光を浴び踏ん張りてほしきものよと思うておったが、最早その時の来ず。あれ程に訴えども何ひとつ変わらぬ走禽舎の惨状は、己が無力をこの上無く見せつける。
死亡は13日という。われとした事が、多忙に紛れて2日間も知らずにおった。コウには衷心より陳謝する。辛い晩年を送らせてしまいたる事、状況の遂に好転するを得なんだ事、誠申し訳なく思うておる。

何か月も閉じ込めず、使い易き設備にて、行きたき時に銀杏の木で過ごせる環境のあれば、結果は違った筈である。全ての生物はいずれ死ぬ。だが、相手が物言わぬを良い事に、独善的管理で命を縮めれば、それは立派な虐待である。コウは非常な高齢であったが、死因を高齢で片付けられてはかなわぬ。はっきり言う。走禽舎は最早「死の動物舎」となっておる。一体あと何頭殺されれば、この悪夢は終わるのであろうか。

コウ、本当にすまなかった。どうか天上にて、ヒデとのんびり過ごしてくれ。久しぶりに会うて、かつてそうであったように、思う存分いちゃいちゃしてくれ。


訃報.JPG
☆単なる動物園の一パーツに過ぎぬと言わんばかりの、実に素気なき訃報。「コウ」の名すら掲示されず。
 
 
とにかく、コウ女は、あの環境、あの担当者からは解放されたのだ。死を以てという最悪の結末であったが。
 
 
 



コメント(4) 

コメント 4

mick

ここのところ、いろいろありまして、読むだけで何もできない自分が情けなくて。が、愛らしい眼のコウの死には心底悔やまれて辛いです。ヒデが寂しくて迎えに来たんだと思うようにします。合掌
by mick (2014-04-16 06:42) 

しゅーびる そる

mickさん、このような知らせをして申し訳ないです。多分ヒデは、もう見ていられなくなって「早くこっちにおいで」と声掛けしていたのかも知れません。が、実際には、コウは明らかに命を縮められました。例によって食事の内容も勝手に変えられ、走禽舎の面々は皆以前よりも体調が良くありません。ツチブタ夫婦の褥瘡(?)は一向に治らず、仔は死に、アカカワのリクはやさぐれています。この状態で尚、4月の担当変更はなかったのです。上野が走禽舎建て直しの前に全部死んでもらおうと思っているとすら思える惨状です。
by しゅーびる そる (2014-04-16 10:07) 

けちゃっぷ

「仔は死に」って、まさかムビリ君じゃないですよね?
調べたら、豊橋総合動植物公園へお婿に行った、という記事を見つけたのですが・・
どうかみんな元気にしていますように。
by けちゃっぷ (2014-06-02 14:07) 

しゅーびる そる

おっ、けちゃっぷさんじゃありませんか!
そうです、ムビリは無事ムコに行きました。今のあそこで、よそに出されるのは幸いな事です。(ま豊橋は、確か室内で夜行性飼育してるから、土なくてあんま居心地は良くないかも。だが死ぬよりゃマシ)。

死んだのは、今年2月に生まれた仔です。翌日亡くなりました。代番氏によれば、低温のせいだそうで、豪雪で暖房が壊れていたそうです。ほとんど裸状態のツチブタで、おまけに仔だというだけで低温が大敵なのは常識中の常識な訳で、暖房ないなら一晩持たんのは目に見えてる(しかも2月だぜ)はずなのに、そのままにして「死にました」で済ませるのが今の上野。みんな生きているかがまず気がかりな毎日です。ひでえもんです。
by しゅーびる そる (2014-06-02 14:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。