So-net無料ブログ作成
検索選択

厚顔とボケと失言と判断力 [雑]

1月末日である。

厚生労働大臣の発言が、物議を醸している。
簡単に言って、この者は愚か者である。そもそも産む産まぬを決定するに際しては、男女双方が様々な要素を検討の上、結論を出すものである。近頃は負の要素が勝っているため、子を持たぬという選択をするカップル(何も夫婦とは限らぬ)が増えているのであろう。然るにこの者は、
男「頼む産んでくれ。子供が欲しいんだ」
女「ヤダよーん。子供なんていらないもんねー」
という単純な図式で子を持つことを女性が回避しているというイメージしか持っておらず、本当は「がたがた言わずに黙って産め」と言いたいのではないか。少子化対策が火急の重要課題であるなら、要因を多角的に検討し実効性のある施策を次々に打ってゆく必要がある訳だが、斯様な視野狭窄の単細胞にそれが出来るのか。発言が女性にとって不愉快なものであることは確かであろうが、これは感情の話ではなく、無能者は辞めよという話である。愚か者に大臣を務めさせておくのは税金のムダであるから、本人に辞意がないのであれば即刻罷免されたい。

.....とは申せ、では現在の他大臣は有能かという命題を立てると、ははははははは......。