So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Empress、ベルギーに宮廷を移す [ハシビロコウ他動物]

2015年8月12日

わがEmpressターノについての新たなる知らせである。
ここでわが者共の記事を上げなくなりて随分になりて、「者共」や「Empress」が誰を指す語であるか分からぬ向きも多かろうゆえ、念の為説明すると、「者共」は上野ハシビロコウの郎党、Empressは上野より欧州に移りしハシビロコウ女、わがターノを指す。

突然であるが、欧州スイスのチューリヒ動物園(Zoo Zurich、uにウムラウト)では、現在オーストラリアゾーンとアフリカゾーンを大規模に変えるため大掛かりな工事が進んでおるという。先日NHK BSプレミアムにてチューリヒ動物園の特集番組があったが、アフリカの動物が一向に出て来なんだ(わがイチ押しヒガシクロサイの仔が昨年末に生まれておるのだが、ちらとしか映らなんだ)のは、その工事のせいであったらしい。

続きを読む


コメント(2) 

【訃報】マレーグマ(札幌) 追記あり [ハシビロコウ他動物]

2015年7月27日

今朝方twitterを見て仰天した。

「マレーグマのウッチーが死亡しました」

われは土日はPCを立ち上げぬゆえ、全く知らなんだのである。
このブログ主にリンク許可を得ようとしたのであるが、コメント欄が閉鎖されておりメアドも無きゆえ果たされなんだ。(許可頂いた。2015/07/28)
ともかく、ただ愕然とするばかりであった。
 

続きを読む


コメント(4) 

弔い [ハシビロコウ他動物]

2015年1月9日

上野に行った。

実は昨日も、上野に行った。コハル急逝の報を受け、とるものもとりあえず(にしては発表翌日だが)、駆けつけてみたのである。勿論コハルは既におらぬのだが、キリン舎前には立派なるテントの下に献花台が設えられ、花束やリンゴ、ミカンなどが供えられており、黒縁の写真が掲げられておった。写真をしげしげと見入る。コハルは元気でここに居るのを当然と思うておったわれは、正しく愚か者であった。一方のヒナタは、見た目には比較的落ち着いておるが、時折「ねーちゃんどこ?」的見回しを行なうがゆえ、心痛きものがあった。外回り途中ゆえ、翌日改めて献花する事とし、早々に辞去したのが昨日である。外回りを終え、帰社の途上、職場の近所の花屋に寄りて、花束を頼む。用途を聞かれ、「上野のキリンが亡くなったので」と言うと、花屋さん「えっ!」聞けば5歳の息子氏が上野キリンの大ファンだそうで、「いい花束にしますよ」と言うてくれる。翌日はまず昼休みに献花に行くつもりであって、1/09の11:30-12:00の間に引取りの約束をしたり。
 

続きを読む


コメント(2) 

【訃報】 アミメキリン [ハシビロコウ他動物]

2015年1月7日

本日本blogの年始挨拶にて更新した。その同日に斯様なるニュースを受け取るとは、思いもよらなんだ。

コハルが亡くなった。

コハルは、上野のキリンである。現時点では、死亡の事実の伝えられたるのみにて、死因については調査中との事である。前夜は何ら異状のみられず、朝になりて、飼育担当者の、死亡したるを発見せりという。

コハル、なんという事だ。まだコハルに年始の挨拶もせぬ内に、これ程突然に逝ってしまうとは。
無意識に、コハルはいつも元気だと思い込んでおった自分を恥じる。しかし酷いではないか、挨拶も無しに------いや、挨拶しようにも上野に詣でなんだはわれである。すまぬ。本当にすまぬ。

どうか天上では、フミに迎えられてのんびり過ごしてくれ。
呼ぶのが早過ぎたぞフミ。いやそれは八つ当たりか。

衷心より、コハルを悼む。感謝と共に、だがしかし、早過ぎるではないか.................
 
 
 
コメント(2) 

謹賀新年 [雑]

2015年1月07日

見れば昨年8月で更新の滞りしを知る(汗)が、ま、それはともかく。
久しぶりに松の内の挨拶である。

20150100.JPG
☆いえーい☆☆☆きんがしんにぇんにゃー☆☆☆


20150101.JPG
オれことしわでれでれしることにきめたんにゃ。


20150102.JPG
やっぱしこーしてでれでれしてんにょが、ただしいにぇことゆーもにょにゃ。


20150103.JPG
えっ?
 
 

続きを読む


コメント(6) 

祝・新米父ちゃん(オオアリクイ) [ハシビロコウ他動物]

2014年8月27日

左足小指の傷も一向に痛みの取れず、いらいらと過ごすわれであるが、朗報の舞い込んだり。
上野西園走禽舎の地獄より、無事日本平に脱出するを得たるフジオの、早くも仔をもうけたりという。誕生は8/18の事であるという。ガンコは残念な事と相成ったが、子作りについては既に実績あるフジオだけに、当然の結果とも言えるが、ともあれその頑張りを讃える。フジオは娘(非公式性別)を見ずして上野を脱出したるゆえ、父としては初めて子を見る事になるであろう(かなり後の事になるが)。
 

続きを読む


コメント(0) 

完売御礼 [わが身の不幸]

2014年8月15日

8/11の負傷のお蔭で、われは左足小指の傷を以て、折角の盆休に活動する能わず、上野に詣でたるはようやく盆休3日目の本日、痛みをおしての事であった。 というのも、本来なれば8/11(月)日中に購入のハズであった「限定アサンテタオル」の購入の、未だ果たせざるがゆえである。しかしながら四日も経つというに、一向に痛みは引かず、内出血を示す面積も広がる一方であった。これは見るだに怖ろしいのであるが、実際は小指の内出血が足の甲へと下がって(上がってか?)来たるのみであって、実のところは数日で消えると思われたり。が、何というても痛みである。靴履く能わず。仕方無きゆえ、拙宅庭や地元町内徘徊用のサンダルを履きて(先に進むにつれ広がっておるゆえ、小指を比較的圧迫せぬ)、変な歩き方をしつつヒコヒコと進まざるを得なんだ。それゆえ、当初予定では朝一番で入園を果たすハズのところ、池之端門に辿り着いたるは、早めに出発したにも拘わらず既に10時近くのことであった。歩く速度の余りにも遅し。平素の倍はかかっておる。げに忌々しき事である。
 

続きを読む


コメント(0) 

【訃報】ハシビロコウ(高知) [ハシビロコウ他動物]

2014年8月12日

去る8/10に、高知県立のいち動物公園のハシビロコウ「とと」の死亡せりという。急死という事で、詳細は分からぬ。なんというても、のいちのwebsiteに訃報の未だ無く、この知らせのソースは高知新聞のweb記事である。われ個人は、mick氏よりご連絡を頂き知った。恐らくのいちは、解剖結果(=死因の特定)等を待ってニュースをUPするつもりなのであろう。「とと」とは面識無きゆえ、かつて展示開始早々にのいちを訪問されたmick氏に当時お知らせ頂いた様子など思い出すのみである。まずは冥福を祈る。
 

続きを読む


コメント(0) 

茹でたシャウエッセン [わが身の不幸]

2014年8月11日

早朝の事であった。

われは拙宅庭にて、鉢合わせせし2名の猫を、交通整理しておった。1名(黒猫。通称くろすけ)を左手塀からの左方面への移動、もう1名(黒白猫。通称はらしろ)は右手通路より右方面への移動との目論見にて距離を詰めておった。2名は順調に各々が進行方向を進んでおるも、突如くろすけの右90度旋回に及び、われは大慌てにて右足を大きく進め進路を制す。くろすけは無事再度左90度に旋回し左手塀に飛び乗りしが、そこにおったのが、拙宅駐車場所より隣家を迂回して拙宅庭に至らむとしておった新たなる1名(茶トラ猫。通称れっく)であった。れっくは拙宅庭常連最古参ゆえ、われは常々その動向を最優先とす。今回、れっくとしては、左塀より裏側隣家の2階ベランダ下にて暑くなる迄のひと時をのんびり過ごそうとの意図のありしが、なにしろその迂回は早過ぎたり。つい先程まで駐車場所におったれっくの、これ程早く迂回を果たすの予想外であって、われはまたも大慌てする。れっくも大慌てで大ジャンプの末、からくも隣家ひさしを伝いて裏側隣家前の道に逃れ(ベランダ下に飛び上がりし場合、くろすけの追尾を受けるリスクのあるゆえ。瞬時のこの判断は驚嘆に値する)、くろすけもそのまま左塀上を無事遠ざかって行く。
 

続きを読む


コメント(0) 

那須どうぶつ王国のハシビロコウの飼育環境が余りに酷い件 [ハシビロコウ他動物]

2014年7月15日

Marigold氏のblogの7/14記事を見、絶句する。那須どうぶつ王国に新規導入されたるハシビロコウの記事である。

これより先は、Marigold氏の記事に仰天し、リンク及び検索によって集めたる、即ち伝聞情報を基に語るゆえ、突っ込みどころもあろうが、この際突っ込み・批判は受けて立つ。
 
日頃より、私立動物園というのは、かなり斜めに見ておるわれであるが、那須のハシビロの扱いは、ハコの新しき以外、悪名高き地方のクマ牧場もどき(あれを牧場と呼ぶのは全くどうかしておる)と大差無し。那須には男2女1計3が居るというが、これが面積も高さも不十分、採光もロクでも無き細長き一部屋に横に並びて展示されておる。放飼場は無く、この室内展示のみという。各々の寝室が別に存在するのか、どなたも言及しておられぬので不明であるが、それにしても、ハシビロの男2女1を一部屋に横並びに!隔てるものは、至極テキトーな藤の蔓のぶっといのといった感じの木材の、各々のスペースの狭間に申し訳程度に組まれておる。写真や動画を見た限りでは、羽も切られておらぬゆえ、この柵もどきを越えようと思えば容易く越えるを得る。しかも、テキトーに池っぽく(もしくは川っぽく)作られたる水場の、水深2~5cmにして、おまけにここには柵もどきすら無く、行き来しようと思えば容易く行き来するを得る。ここに男2女1が押し込まれておるのである。血を見るは必定である。そして現に(傷の程度からすると度々)血を見ており、女1のくちばしはぼこぼこであって、身体は度々震え挙動不審、そして腹部の羽のぼろぼろ加減から、羽抜きをしておるのではないかと思われる。羽抜きは、ストレスに曝されたる被飼育オウム等によく現われる症状として知られるが、ハシビロコウに出ぬという保証は無く、また、腹部であるから、攻撃されたとしても攻撃者には毟られ難い位置であって、羽繕い時に過度に弄りて抜いている事が疑われる。
 

続きを読む


コメント(2) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。